>  > ポメラニアンを飼うときの注意点と留守番トレーニング

ポメラニアンを飼うときの注意点と留守番トレーニング

ペットショップでも常に人気上位のポメラニアン。小型犬で飼いやすそうですが、実際に飼うときははどんなことに注意が必要なのでしょうか?今回はポメラニアンを飼う前に知っておきたいことと、上手に留守番させるトレーニングについてご紹介します。

性格や体格的にも室内飼いしやすいポメラニアン

ポメラニアンは小型犬なので、それほど運動量は必要ありません。1日2回、10~15分程度の散歩で十分です。
人間が大好きで飼い主と一緒にいることを好むため、室内飼いが適しています。

社交的な性格なので、多頭飼いも問題ありません。先住犬とも仲よくできるでしょう。

ポメラニアンを室内飼いする時の注意点

ポメラニアンを迎える際には以下のことに注意しましょう。

まず第一に、抜け毛の多さ。
ブラッシングは毎日行いましょう。特に春と秋の換毛期の掃除は大変です。抱っこすると服が毛だらけになることもあるので、神経質な人には向いていないかもしれません。

第二に、けがのしやすさ。ポメラニアンは骨が細いのにとても活発なので、骨折しやすい傾向があります。また、小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」というひざの骨が外れる病気にもなりやすいです。
高いところには登れないよう柵を設け、フローリングには滑って転ばないようマットを敷いてください。ジャンプはなるべくしないようしつけましょう。

留守番時は無駄吠えに注意

甘えん坊のポメラニアンには、分離不安症になる心配が。留守番中の寂しさや不安から、飼い主が戻ってくるまで吠え続けるなどの問題行動を起こし、ご近所トラブルの原因になってしまいます。
留守番トレーニング
ステップ(1)
普段からケージやサークルの中でおやつをあげたり一匹で寝かせたりして、ケージやサークルの中が居心地の良い、安心できる場所だと覚えさせましょう。
窮屈でかわいそうだという人もいますが、本来犬が好むのは狭くて暗い場所。家全体が縄張りになってしまうと、守るべき範囲が広すぎて逆にストレスがかかってしまいます。

ステップ(2)
まずは短時間一匹で過ごすことに慣れさせましょう。誤飲の心配のないおもちゃや犬用ガムなどと一緒にケージやサークルに愛犬を入れます。出かける準備をしたら、なでたり声をかけたりせずに部屋を出てください。最初は10秒程度で戻りましょう。

ステップ(3)
少しずつ部屋を離れる時間を長くしていきます。部屋に戻るときに大切なのは、決して吠えているときに戻らないこと。「吠えたから戻ってきた!」と覚えさせてしまうと逆効果。また、戻ってきたときもうれしくて吠えている間は褒めないでください。おとなしくなるのを待って褒めましょう。

まとめ

ポメラニアンは室内飼いに向いています。飼うときは抜け毛とけがが多いことに注意しましょう。留守番はトレーニングを重ねれば上手にできるようになります。少しずつ一匹でいる時間を増やして、ポメラニアンが上手に留守番できるようにしてくださいね。

関連する記事

< ポメラニアンのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,179人が「いいね!」と言っています。
松本 祐典
植村 真美子
小玉 恵
渡部吉保
KA Ya
Akemi Yano
Kengi Sugai
山田 かおり
新着子犬お知らせメールサービス ポメラニアンの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のポメラニアンのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

ポメラニアンの犬図鑑

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ポメラニアンの名前ランキング

  • 男の子
    1位そら
    2位くう
    3位くきお
  • 女の子
    1位あんず
    2位マロン
    3位あくび
>> 名前ランキングをもっと見る
 >  > ポメラニアンを飼うときの注意点と留守番トレーニング