>  > ポメラニアンにまつわる疑問!寒さ対策は必要なの?

ポメラニアンにまつわる疑問!寒さ対策は必要なの?

被毛に覆われているポメラニアンですが、結論からいうと寒さ対策は必要です。寒さに強い犬種とはいえ、対策を怠ると体調を崩してしまうことも。今回は具体的にどんなことに気をつければいいかをご紹介します。

長毛種のポメラニアン。寒さ対策は必要?

ポメラニアンはダブルコートと呼ばれる長い毛と短い毛に覆われている犬種です。被毛が分厚いので寒さに強く、対策は不要と思うかもしれませんが、生まれてからずっと室内で飼われている場合は注意。心地よい室内の温度に慣れたことで、本来よりも寒さに弱いポメラニアンもいます。個体差があるので、愛犬の様子をしっかりチェックするようにしましょう。具体的には、

・身体を小刻みに震わせている
・動きが普段より鈍い
・水をあまり飲まない
・散歩に行きたがらない

といった様子が見られる場合は、寒さを感じています。室内の温度を上げたり服を着せたりしてあげましょう。

ポメラニアンの毛質に注意

1つ目の項目でも紹介しましたが、ポメラニアンはダブルコートなので寒さには比較的強いです。しかし、これはダブルコートがしっかりと機能していることが前提。ポメラニアンの毛量は冬が近づくにつれ増えていきますが、秋口に室内を温めすぎると、毛が十分に増えなくなってしまいます。季節の変わり目はなるべく自然な室温を保ちましょう。

覚えておきたいのが、ポメラニアンは毛を短くカットしすぎると毛質が変わり、伸びにくくなる可能性があること。夏にサマーカットにしたら冬になっても伸びなくなってしまった、ということが起こらないよう、カットする際はトリマーに毛質をよく見てもらってください。

静電気はポメラニアンの大敵

冬場は空気が乾燥して静電気が起こりやすいですが、実はこれ、ポメラニアンにとって非常に危険。静電気によって被毛がダメージを受けてしまうと、切れ毛、毛玉、フケなどの原因になります。ブラッシングの際は静電気防止スプレーやオイルを使うといいですね。

服を着せるときも注意しましょう。静電気の起こりやすさは素材によって違いますが、フリース素材などの化学繊維は特に注意してください。

完全室内飼いのポメラニアンを留守番させるときに気をつけること

ポメラニアンを留守番させるときは、寒さがそれほど厳しくない場合は犬用のベッドにブランケットを敷き、場合によっては服も着せてあげましょう。寒さが厳しい場合は、なるべく暖房をつけてあげてください。エアコンによる室内の乾燥を防ぐため、加湿器もつけてあげるとなお良いですね。

ポメラニアンにも寒さ対策は必要なので、愛犬にあった対処が大事

被毛が分厚くても、ポメラニアンも寒さ対策は必要です。個体差があるので、愛犬の様子を見ながら室内の温度を管理したり、ブランケットなどを用意したりしましょう。きちんと対策をして、愛犬と一緒に快適な冬を送ってくださいね。

関連する記事

< ポメラニアンのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,214人が「いいね!」と言っています。
梶本 圭子
百瀬 正彦
木浪 新悦
小林 正則
伊藤 恵子
Fumiko Watanabe
黒川 勲
中静 隆秀
新着子犬お知らせメールサービス ポメラニアンの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のポメラニアンのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

ポメラニアンの犬図鑑

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

ポメラニアンの名前ランキング

  • 男の子
    1位そら
    2位くう
    3位くきお
  • 女の子
    1位あんず
    2位マロン
    3位あくび
>> 名前ランキングをもっと見る
 >  > ポメラニアンにまつわる疑問!寒さ対策は必要なの?