犬の多頭飼い特集
多頭飼い

犬の多頭飼い特集

犬好きならきっと一度は憧れる、かわいい犬たちに囲まれる暮らし。実際のところ、犬の多頭飼いとはどのような感じなのでしょう? そこで今回、多頭飼いに関するアンケート調査を実施! 多頭飼いをしている飼い主さんのリアルなホンネも探ってみました。

多頭飼いのイメージ 多頭飼い 飼い主さんのホンネ 飼い主さんに聞いた 多頭飼いエピソード 多頭飼いする前に知っておきたいこと

あなたは犬もしくは猫の多頭飼いをしていますか?(犬&猫の組み合わせも含みます)

多頭飼いをしている39.7%

約5人に2人が多頭飼いしている!

『みんなのブリーダー』をはじめとした、みんなのペットオンライングループサイトの会員の方を対象に、多頭飼いをしているかを尋ねたところ、複数頭飼育しているという飼い主さんは約40%! そのうち、犬のみ飼育している方は41.4%、猫のみは34.3%、犬と猫を一緒に飼っている方は24.3%でした。

多頭飼いをしていない人に聞きました! 多頭飼いのイメージ

あなたは多頭飼いをしてみたいと思いますか?

はい53.6% いいえ46.4%

マル YES派に聞きました! 多頭飼いに踏み切れない理由

多頭飼いに踏み切れない理由のグラフ

バツ NO派に聞きました! 多頭飼いをしない理由、できない理由

多頭飼いをしない理由、できない理由グラフ

多頭飼いをしていない方でも、半数以上の方が多頭飼いに興味があることがわかりました。興味深いのは、YES派、NO派の方ともに、先住犬や猫との相性や、経済的負担、居住スペースを確保できないことが阻害理由になっていること。また、NO派の意見では「今飼っているペットで十分満足している」という声も多いようです。

多頭飼育している人に聞きました! 多頭飼い 飼い主さんのホンネ

飼育頭数を教えてください。

飼育頭数アンケート結果グラフ

犬の多頭飼いをされている方のうち、「2頭飼育」が60.3%を占める結果に。次いで3頭(19.2%)、4頭(9.2%)となりましたが、なかには6頭以上(7.9%)飼育しているという方も! 犬種としては、トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスなど小型犬が多く見られました。

多頭飼いしようと思ったきっかけは何ですか?

多頭飼いしようと思ったきっかけ統計グラフ
その他の理由
  • ・もともと犬が大好き。家を建てたので多頭飼いできるようになりました。
    (ティーカッププードル 計4頭 飼育中 50代男性)
  • ・両親が飼えなくなった犬を引き取りました。
    (チワワ&ゴールデンレトリバー 計2頭 飼育中 50代男性)
  • ・1頭飼ったらこの犬種にハマった。
    (イタリアングレーハウンド 計2頭 飼育中 30代女性)
  • ・初めてのわんこが母犬で、その子供とも暮らしたかった。
    (カニンヘンダックス 計3頭 飼育中 40代女性)
  • ・ペットショップに売れ残っていたのを見るに見かねて。
    (コーギー 計2頭 飼育中 40代女性)

半数以上の方が「先住犬が寂しくないように」と答える結果に。その他の理由では、「犬が好きだから」「犬を見て飼いたくなった」などの回答も多く見られました。ほかには、「知人が飼えなくなった犬を引き取った」「物心ついた頃から多頭飼いをしていた」「ペットロス予防に」という声も。

2頭目以降の犬をどこで迎えましたか?

2頭目以降の犬をどこで迎えたかアンケート統計グラフ
その他の回答
  • ・友人の知り合いからもらってほしいと頼まれて。保護活動をしているので手助けを。
    (シーズー&ミックス・雑種 計2頭 飼育中 50代男性)
  • ・2頭目はショップ、3頭目は個人から、4頭は動物病院、5頭目以降は保護しました。
    (トイプードル&チワワ&ミニチュアダックス&ヨークシャーテリア&パピヨン 計6頭以上 飼育中 50代女性)
  • ・もともといた2匹から生まれました。
    (トイプードル 計4頭 飼育中 40代女性)

ブリーダーから購入したと回答した方は全部で74.4%。そのなかでも新たなブリーダーから迎えた方が8割以上を占めました。その他の回答では、「知人から引き取った」「拾った」など、意図せず多頭飼いするようになったケースが多く見られました。

2頭目以降を迎える際、先住犬との相性について検討しましたか。(例:犬種・猫種、性別、年齢差など)

はい51.5% いいえ48.5%

マル  YESの人に聞きました! 『どのようなことを検討しましたか?』

2頭目以降を迎える際にどのようなことを検討したかアンケート統計グラフ

多頭飼いに興味のある方の多くが気にした「相性」。実際に検討したという方は約半数でした。検討した方にどんな点を検討したかを尋ねたところ、性別、性格、年齢がTOP3に。ほかには、相性をチェックするために直接対面できるかどうかを重視したという回答も見られました。

現在飼育中のペット同士の相性は、総合的に(犬種、性別、年齢差など)判断して
「良い」と思いますか?

はい93.3% いいえ6.7%

バツ NOの人に聞きました! 『相性が良くないと感じる理由は何ですか?』

  • ・先住犬がもう少し若いほうがよかったかも。体力的に一緒にじゃれあえない。
    (ヨークシャーテリア 計2頭 飼育中 50代女性)
  • ・顔合わせの時はお互い大人しかったが、結局仲が悪い。
    (シーズー&ノーフォークテリア 計2頭 飼育中 30代女性)
  • ・2頭目のポメラニアンが3頭目のポメラニアンを受け入れないから。
    (ポメラニアン&シーズー 計3頭 飼育中 30代女性)

93.3%の飼い主さんが「ペット同士の相性は良い」と回答しました。一方、少数ですが、NOと答えた方にその理由を尋ねてみたところ、年齢差や体格差、性格の不一致をあげる方が多く見られました。性格の相性ばかりはコントロールできませんが、年齢差や体格差は飼う前に配慮できそうですね。

多頭飼いにかかる費用は、「1頭あたりの費用×頭数」と同じくらいですか。

多頭飼いにかかる費用アンケート統計グラフ

基本的には「1頭あたりにかかる費用×頭数」。
実際はケースバイケース

飼育費用について、頭数に比例して倍増すると答えた方は59.4%。食事や医療費以外にも1頭ずつケージやクレート、トイレが必要になるため、飼育費用は頭数分かかると心得ていたほうがよいでしょう。
「少なくなった」と回答した方のなかには、消耗品をまとめ買いしている方も。

犬の生涯飼育費用は120万円

一般社団法人ペットフード協会が発表した「犬猫飼育実態調査」によれば、犬1頭あたりの生涯必要経費(医療費等含む)は1,209,862円。飼育費用の目安として参考にしてもいいですね。
※一般社団法人 ペットフード協会「平成28年 全国犬猫飼育実態調査」より)

多頭飼いエピソード

多頭飼いで幸せを感じたエピソードを教えてください!

  • ・帰宅したときに2頭揃って喜んで迎えてくれるのは、至福以外のなにものでもありません。
    何をするにも嬉しさ倍増です!
    (カニンヘンダックス 計2頭 飼育中 30代男性)
  • ・我が家の子供3人と犬4頭は何をするのもみな一緒。毎日がとてもにぎやかで笑いが絶えません。
    (ティーカッププードル 計4頭 飼育中 50代男性)
  • ・みんな揃って外を眺めていたり、寄り添って眠る姿はものすごくかわいい。
    (ミニチュアダックス&ミックス・雑種、ほか猫含む 計7頭 飼育中 40代女性)
  • ・犬が2匹になったので散歩に夫婦で行くようになったら、今まで残業で遅かった主人が少し早く帰るようになり、夫婦の会話が増えた。
    (ミニチュアシュナウザー 計2頭 飼育中 30代女性)
  • ・大変なことも確かに多いが、犬たちがいるおかげで引っ越し先に知り合いがいなくても楽しく暮らせる。人見知りの私だけれど、犬を通して友達や知り合いが増えた。
    (ミニチュアダックス&ラブラドールレトリバー&シェパード&ミックス・雑種 計4頭 飼育中 30代女性)

思わず気持ちがあたたかくなるような幸せエピソードがたくさん寄せられました。特に「帰宅時にみんなでお迎えしてくれる瞬間が幸せ!」との声多数。そんな姿を見たら1日の疲れも吹き飛びそうですね。多頭飼いを通じて家族や近所の方との交流が増えたという方も。癒し&幸せ効果は抜群です!

多頭飼いでの苦労や大変だったエピソードを教えてください!

  • ・犬は優先順位を犬同士でつくるため、本気のケンカや食事・飼い主との接触の順番など何かと大騒ぎです。弱肉強食なので優先度が高い子が子犬の食事を食べてしまう事も多々あり。食事を均等に食べられるようにすることに苦労しました。
    (ティーカッププードル&チワワ 計6頭以上 飼育中 40代女性)
  • ・お互い男の子でプライドが高いせいか、興奮して兄弟ケンカみたいになると、仲裁に入っても勢いで噛みつかれる。
    (チワワ&マルチーズ 計2頭 飼育中 30代女性)
  • ・2頭がシニア犬になって、介護が重なってしまったこと。苦労とは思わないけれど、コーギー2頭はさすがに重たい。腰痛が……。
    (コーギー&ポメラニアン 計3頭 飼育中 40代女性)
  • ・2匹目までは多頭飼いを苦だとも感じないが、3頭目からは一人で3匹を散歩に連れていくのが大変と感じる。
    (ミニチュアシュナウザー 計2頭 飼育中 30代女性)
  • ・先住犬が長らく1頭飼いだったため、初めは子犬特有のしつこさにおびえていて、一緒に過ごせるようになるまでは大変だった。
    (柴犬&ミニチュアダックス 計3頭 飼育中 40代女性)

特に多かったのが散歩エピソード。散歩のペースが合わないのはもちろん、「散歩が鵜飼い状態!」「1頭が吠えるともう1頭も吠えてしまう」といった声も。また、ケンカや飼い主の奪い合いに苦労される方もいるようです。「楽しいことばかりで苦労したことはない」という意見も印象的でした。

これから多頭飼いを始める方へのアドバイスをお願いします!

  • ・1頭目のしつけをきちんとしておくと、次から上の子を見てまねするのでしつけが楽です。
    (チワワ 計3頭 飼育中 50代女性)
  • ・十分なお金と時間、人手があること。家を空けられないことを理解して飼う。
    (ミニチュアダックス 計3頭 飼育中 30代女性)
  • ・ワクチンや治療代をきちんと払えるなら飼ってもいいと思う。もし仲が悪い場合でも、部屋を別に準備できるかも大事。安易な考えだと後ほど苦労すると思う。
    (チワワ&柴犬 計3頭 飼育中 30代女性)
  • ・愛情はみな同じように与える。ただし、何かをするときは先住犬を先にすること。
    (チワワ&ボーダーコリー 計2頭 飼育中 40代女性)
  • ・相性が合うとは限らないので、同じブリーダーから譲り受ける方が的確なアドバイスが受けやすいです。
    (ミニチュアダックス&マンチカン 計2頭 飼育中 60代男性)

「新しく犬を迎える前に先住犬となる犬のしつけをしっかり行うことが大事」「先住犬の性格を考慮して」という声が目立ちました。また、お金、時間、人手などに余裕があるかも重要なポイントのよう。「ブリーダーや飼育経験のある友人、動物病院など相談できるところがあると安心」という意見も。

多頭飼いする前に知っておきたいこと<犬編>

きちんと飼えれば幸せいっぱいだけど、うまくいくとも限らない「多頭飼い」。
愛犬も飼い主さんも幸せに暮らせるように、飼う前に知っておきたいポイントをまとめました。

1 住環境、体力、経済力を考えて、面倒を見れるか総合的に判断しましょう

住環境・体力・経済力を考えよう

多頭飼いは、飼育頭数分お世話できる環境づくりが大切です。飼育費用はもちろんのこと、愛情不足や運動不足が起きないよう、飼い主さん自身、犬と接する時間をつくれるか、十分な体力があるかを考えてみましょう。

2 相性はとっても大事! 犬だって人間と同じなんです

犬同士の相性を考えよう

性格・性質

多頭飼いするなら、先住犬も新参犬も、犬同士の交流を好む友好的なタイプであることが大切です。また、先住犬がしっかりしつけされているかも重要なポイント。新参犬は先住犬のマネをする傾向があるので、じゅうぶんなトレーニングを終えていないと問題が倍になることもありますよ。

年齢

多頭飼いする場合、年齢差は4~5歳の差がちょうどよいと言われています。同じくらいの年齢だとライバル意識が強くなることもあるようです。また、シニア犬&子犬の組み合わせは、運動量が大きく異なるため、シニア犬がついていけず、結果としてお互いにストレスになる場合もあります。体力差も考慮しましょう。

性別

同性よりもオス&メスの組み合わせがうまくいきやすいと言われています。特に気をつけたいのはオス同士。縄張り意識からお互いをライバル視し、トラブルが起こりやすくなります。また、異性・同性かかわらず去勢・避妊手術は事前に済ませておくことをおすすめします。望まない繁殖を防ぐのはもちろん、手術することで攻撃性が抑えられるため、ケンカ予防、ストレス軽減に役立ちます。

3 飼い主の愛情の奪い合いにならないよう、1頭1頭のケアはしっかり!

1頭1頭のケアはしっかりと

犬にとって何より必要なものは『飼い主さんの愛情』です。飼い主さんの関心が新参犬に向いてしまうと、先住犬は辛い思いをすることに……。実は先住犬にとって新参犬はライバルなのです。
みんなで幸せになるためには、次のようなケアが欠かせません。

・食事、散歩、声がけなど、すべて先住犬を優先する

・そのうえでそれぞれの犬と接する時間を持つ

・1頭1頭が安心してくつろげる個別の空間を与える
(ケージ、クレートは頭数分用意する)

・しつけはそれぞれ1対1で行う

最後に…

多頭飼いにおいて何より大切なことは、それぞれの犬にたっぷりの愛を平等に注ぐこと。「先住犬が寂しい思いをしないように」と思って新しい子を迎えても、飼い主さんと過ごす時間が減ってしまっては先住犬にとっては逆効果なのです。つまり、犬たちの幸せは飼い主さん次第! 愛情をかけたらかけたぶん、何倍もの幸せが待っているはずですよ。

猫の飼い主さんにも「多頭飼い」について聞きました!

多頭飼い 猫のホントのところはこちら

子猫を購入するならブリーダー直販の「みんなの子猫ブリーダー」

みんなの子猫ブリーダー

■調査概要(多頭飼いに関するアンケート)
調査期間:2017年10月27日(金)~11月1日(水) 調査対象:「みんなのペットオンライン」グループサイトの会員登録者、全国の男女10~70代 調査方法:インターネットリサーチ 有効回答数:1455名

  犬の多頭飼い特集

ページの先頭へ